マンガ読み同士なら共通言語として存在する不定期番組「BSマンガ夜話」

僕はこの番組が大好きだ。

時には知らないマンガを取り上げてて「さっぱりワカラナイなり」という時もあるけれど…

知らなくてもそれなりに楽しめて、それによって読んでみようかなと思ったりもする貴重なそしてユルイ番組だ。

そんな「マンガ夜話」が今週ありました。

何故、過去形なのか最終日がさっき終わっちゃったから。

丁度、仕事も暇でダラダラしてる僕は今回の楽しみとして
マンガ夜話を夏目房之介さんのブログを見ながら見るということをしていたのですが、
そこでショックなことが!

来期からこの番組が縮小の方向に動いているらしい!!

コラコラNHKって感じです。

これはBSだからNHKだから出来た企画だと思うんスよ。(体育会系風で)

8年来見てきて、民放だときっとこの作者だともっとメジャーなのがあるじゃない?
って言われそうなラインナップが結構あるところから
こりゃ、民放じゃムリ。
スポンサーつかねえ
数字みえねえ
好きなこといいづらそうって感じで却下だと思う。

しかも今さらやってもよっぽど上手くやっても2番煎じと罵られるのが積の山な気がする。

その証拠に僕は昔、深夜の特番で見たパクリ番組はつまらなかった。
やっぱり世の中ヤッタモン勝ちなんだな。

そんなこんなで僕はこれからチョイチョイ公式ページを普段よりアクセスしてアクセス数をのばしてみようかなと思っています。

そこで今回のシリーズですが、大変楽しめました。

初日が「パタリロ!」

僕の大好きな魔夜峰夫です。

ホント驚いた。
「この番組で語られるようなモノかな~」とファンでありながら心配になってしまいました。
まあ、「クロマティ高校」すらとりあげるんだから大丈夫かと思い直しましたが。

で、いざ見ましたら

作品紹介のつくりがムダに凝っててサイコーでした。

ナレーションはアニメのパタリロ役の声優さんだったし。

しかもファンでありながら新しい角度?からの見方もあり楽しめました。

欲を言えば公開ではなくレギュラーの形でやって欲しかったです。

今回のシリーズは僕的には最近やったもの中では
「まんが道」~「ボーダー」のシリーズに続くヒットでした。