2005年12月

年末になるとブック オブ ザ イヤーが色々なところでやっていますね。

今年の少女漫画に関しては誰もが予想した通り「のだめ」「ハチクロ」「NANA」が必ず上位にいる感じ。
僕は「NANA」は乗り遅れたので読んでませんが、他の二つには納得。
「のだめ」普及には結構、貢献したとも自負しております(笑)

ついでに「平成よっぱらい研究所」もススメてはみたもののそちらは誰もまだ手をだしてくれてないようですが。。。

しかし今年は「よしながふみ」のメジャー化?が喜ばしいことです。
今まで、なんで男がボーイズラブ??みたいな。領収書も切らずに?みたいな感じで謗られる様に買っていたわけですが、これで堂々と購入できるようになりました(今までも全くもって気にせずかってたけどね)

今年もたくさんマンガを読んでましたが、何度も読んだといえば「のだめ」と「おおきく振りかぶって」ですね。

「おおきく~」はなんとも言えないユルユル感と緊張感。あとキャラのたち方が非常に好みでした。
野球をよく知らないくせに野球マンガが好きな僕には「へ~」ってこともあってたくさんの支持をうけてることにも頷けます。

来年の楽しみというか願望というかそんな感じのものでは「HUNTER×HUNTER」の休載が早く終わることですかね。

それでは実家にて「幕張」でも読んで時代を振り返りつつ2005年を締めくくります。

(ダメな終わり方だな)

驚くほどに1年って早いね。
今年も色々ありまして、なんとか生き延びた感があります。
2005年は夏過ぎからの怒涛の変化に我を見失いがちだったような気もします。
色々心残りはありますが、来年はさらに怒涛な一年が待っているような予感。

ほとんど見てる人がいないと思いますが、来年もヨロシコ!です。

↑このページのトップヘ